体重1kg減=脂肪1kg減!?

1日で体重が1kg変動するのは良くあることです。でも、それは脂肪が1kg減ったわけではありません。

 

体脂肪1kg=7,200kcalの消費が必要です。体重60kgの人がフルマラソンを走ったとしても、せいぜい体脂肪の減少は100gくらいです。

では、何が減っているのか!?

ほとんどの場合は、体水分の減少(むくみ)と言えるでしょう。1日、2日でそんな簡単に脂肪は落ちないのです。

 

例えば、塩分が多い食事を摂りすぎた場合、体内の塩分濃度を調整しようと人間の身体は水を溜め込みます。これでも1~2kg簡単に増えますが、これも脂肪が1kg増えたわけではありません。むくみです。体内塩分濃度が戻れば、とりすぎた水分は排出され、数日で体重は戻ります。

 

糖質制限でも良くある事ですが、糖1gにつき水分が3gがくっついているので、身体から糖が1g抜けると、実質4gが身体から抜けるのです。糖質制限で最初にドカッと体重が減るのはこの水分が大きいです。

(では脂肪は燃えないのか?というわけではないですが、長くなるのでまた別の機会に)

 

でも、体水分量が減って体重が減れば見た目が変わるのも事実です。

ただ、それはその時だけの話です。

ボクサーが軽量を終えて、次の日の試合までに数キロ一気に増えたりするのも、極限まで身体の水分を抜いているから。

 

ボディメイクで言えば、根本の体脂肪が減らなければ痩せたとは言えないですよね。

ですので、毎日の体重に一喜一憂するのではなく、じっくりと自分の身体に向き合って、少しづつ脂肪を落としていくのが大切です。

 

無理なダイエットで1か月でマイナス8kgとか10kgとか痩せていく場合は、大体は体水分と筋肉の減少が大きく、

その時は痩せたー!

と思いますが、待っているのはリバウンドです。

 

脂肪は頑固なので、無理せず徐々に落としていくのが正解。

極端な食事制限ではなく、基礎代謝をちょっと下回るくらいの摂取カロリー。

そして筋肉に大切なタンパク質、人間の主のエネルギー源である糖質を摂り、

ストレスなく食事を管理する。

代謝を促したり体調を整えるビタミン、ミネラルがあれば尚ベスト。

 

食事のいつ、どれくらい、どのタイミング、運動の種類、強度、時間は個々の生活習慣によって変わるので、そこはパーソナルトレーナーの出番ですね。

正しい知識と行動があれば、身体は変わります!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)