糖質制限について

すっかり世間に定着した糖質制限。

お客様にも良く質問でいただくので、私の見解を少し

書かせていただきます。

まず、絶対に糖質制限をしてはいけない方は、

”糖尿病”の方です。ケトアシドーシスという状態に陥り、

最悪、命の危険がありますのでやらないでください。

 

【糖質制限をすることのメリット】

・ケトン体質になって脂肪を常時燃焼できるようになる。

・血糖値が上がらないのでインスリンの分泌を抑えることで

余った糖が脂肪になるといったことを避ける

このあたりが糖質制限の良い所でしょうか。

 

《糖質制限で効果が出る方》

・標準よりもはるかに体重や体脂肪が高い方

→糖質制限の効果というよりは、糖質を摂らないことによる

総摂取カロリーが下がるといった意味合いの方が大きいですかね。

 

・〇月までに〇kg痩せないといけないという期限がある方

→糖1gにつき水3gがくっついているので、身体から糖が抜けたら

水も一緒に抜けてくれるので体重は下がります、むくみがとれていく

ようなイメージ。糖をとったら体重が戻る可能性は高いです。

 

でも、糖質をとらない生活をずーーっとできますか??ってことです。

徹底すればいけるでしょうが、今の現代人の生活ではなかなか難しいの

ではないでしょうか。

結局、消費カロリー>摂取カロリーが、絶対的な大原則です。

夜に関しては、寝るだけなのでカロリーを摂取する必要がありません

から糖質はいらないと思います。これは大賛成。

また、糖質はカロリーが高いことが多いので、

総摂取カロリーを抑えるために抜いたり減らしたり

という考え方は良いと思います。

 

ちなみに、肝臓と筋肉にも糖質はエネルギーで貯めて

おけるので、糖質とったらすぐ脂肪になる、なんて

ことはありません。あくまで余剰分が消費できないと

脂肪になります。

 

あまり、糖質を摂るとか摂らないとかにこだわってやるよりは、

大原則を守って、地道に努力することが一番大事かなと思います。

 

ちなみに、

栄養表示の面での良くある間違いとしては

糖質〇g→そのまま糖質〇g

炭水化物→糖質〇g+食物繊維〇g

ですからね、スーパーでの栄養表示を確認しているときに

お間違えのないように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)