肋骨とインナーユニット

赤丸部分の肋骨の広がり、でっぱりが気になる人って意外と多くいます。

女性では、痩せても肋骨だけ出てる、きれいにくびれができない、ずんどう。という悩みもこの肋骨下部の部分だったりします。

肋骨が出ていることをリブフレアと言うのですが、インナーユニットがうまく機能していないことが良くある原因です。

インナーユニットとは

この4つになります。特にリブフレアに関しては、横隔膜が硬く緊張している場合があります。呼吸が浅くなっていたり、息が吸えるけど吐けないといった感じも多いです。ドローイン(お腹をへこます)とブリージング(呼吸)を組み合わせてインナーユニットを機能させれば、リブフレアの改善につながります。

また、体幹が安定するので姿勢がとてもきれいになります。

インナーユニットは自分の意識で動かせる筋肉ではないので、最初はとても難しいですが、コツが分かれば効いてくる箇所が分かってきます。

細かくは文章では説明しにくいですが、ドローイン(お腹をへこます)とブリージング(呼吸)が大事!!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)