ぽっこりお腹をへこます筋肉

誰もが気になるぽっこりお腹。

なんとかへこませてきれいなお腹を作るには、

「腹横筋」と呼ばれる深層筋を使うことが重要です。

で、その腹横筋ってどこにあるの??

写真で見てみましょう。

まずは、一番外側にある”外腹斜筋”

肋骨から骨盤についています。

この筋肉をはがすと見えてくるのが・・・

続いて、”腹直筋”

シックスパックと言われる、体脂肪を落としたら見えてくる

筋肉ですね。ここもはがしてみます。

お次は、”内腹斜筋”

ちょっと深層部に入ってきました。斜めに走ってる

筋肉ですね。これもはがします。

ついに登場、”腹横筋”

この筋肉に刺激を加えることがぽっこりお腹をなおすことに

役立ちます。

筋繊維が横になっているのがわかるかと思いますが、

さらしのように回っているので、さらし筋と呼ばれたりも

しています。

ちなみに、この腹横筋もはがしてみると・・・

はい、もう筋肉はありません。あるのは内臓という

ことになります。内臓が前に出てくるのを抑える役割

も果たしているということですね。

で、この腹横筋を使おうとするには何が必要か、

ふつうの腹筋運動ではなく・・・

”ドローイン”

ってやつが鍵!!

てっとり早くいうと、お腹へこますだけ!!

初心者の方は、まずは

1.10秒間全力でお腹を凹ます

2・10秒休憩

を3~5セット繰り返して、できる限り毎日行いましょう。

合計時間はたった1分ほどです。

継続すれば、変化が出る事でしょう!!

いや、変化が出るまで継続するべき箇所です!!

もちろん、食べ過ぎたり摂取カロリーが多すぎたりしていて

体重がどんどん増えていっている場合はだめですけどね(^^;

LET,S TRY!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)